楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Rm1711902038

ハバネラ 〜オペラ「カルメン」より/フルートのしらべ 至高の技が奏でる究極のスタンダード編 (ジョルジュ・ビゼー) / その他

楽譜ID : 11229
21
その他
全6ページ
Rm1711902038 1
Rm1711902038 2
Rm1711902038 3
Rm1711902038 4
Rm1711902038 5

ビゼーはフランスの作曲家。両親とも音楽家という恵まれた環境で早期教育を受けました。フルートを吹く者にとっては「アルルの女のメヌエット」の作曲家として有名です。オペラ『カルメン』は、パリ、オペラコミック座の依頼で心血を注いで作曲したのにもかかわらず、1875年の初演では失敗に終わりました。それまでフランスの聴衆は、淡く快い、感傷的なオペラに慣れきっていたので、『カルメン』の登場人物が無道徳なジプシー女、密輸入者や脱走兵という過激なストーリーについていけなかったのでしょう。それから3ヵ月後、ビゼーは失意の中、亡くなってしまいます。彼の死後、間もなくウィーンで大成功をおさめますが、その様子を観ることなしに……。この曲は第1幕で美貌のジプシー女・カルメンが、一人自分に関心を示さないドンホセに気付き、彼の気を引こうと歌う「恋は野の鳥」です。ハバネラとはキューバのハバナを中心に広まった、伴奏形のリズムが特徴的なゆったりとした2拍子の踊りのことです。※この譜面はピアノ伴奏譜付きです。


購入はこちら
¥660(税込)
2回までダウンロードできます
ご購入前にご確認ください
Credit cards
ー または ー
Webstore logoアプリで見る