楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Ptrb1952da

トロンボーンで昭和歌謡シリーズ 春日八郎『赤いランプの終列車 (江口 夜詩) / 初〜中級

楽譜ID : 119170
28
初〜中級
全1ページ
Ptrb1952da 1

1952年、昭和27年発表の曲です。作曲は江口夜詩。リアルタイムで聞いていませんが、妙に耳に残る曲です。

春日 八郎(かすが はちろう、本名:渡部 実 (わたべ みのる)、1924年10月9日 - 1991年10月22日)は、福島県河沼郡会津坂下町塔寺出身の演歌歌手。ここで紹介している『赤いランプの終列車』や『お富さん』『別れの一本杉』などが有名です。

 実家は麺類製造業。浅草でクラシックの正統派・藤山一郎のステージを見て歌手に憧れます。

 旧制会津中学校を中退し、エンジニアを志して13歳で上京。しかし、歌手の夢を捨てきれずに東洋音楽学校へ入学。卒業後は会津若松陸軍第29連隊に入隊し、終戦後に台湾より復員。

 その後はムーラン・ルージュ新宿座に入団し、渡部勇助の名で本格的に歌手活動を開始。初めからヒットに恵まれるはずもなく、苦しい時代をすごします。退団後の1948年、キングレコードの第1回歌謡コンクールに合格し、歌川俊の名で準専属歌手となります。

 準専属の歌手は無給だったため、先輩歌手・三門順子の前座で歌ったり、新人の登竜門といわれた新宿の「聚楽」で仕事をしたりという生活でしたが、それでも赤貧を洗う生活だったため、ついには進駐軍のPX商品を歌謡関係者に売る闇商売に手を出していたこともあったということです。

 そんな下積みが3年続き、同じく準専属であった妻・恵子に紹介してもらった作曲家・江口夜詩の家に毎日のように通い、掃除をしたり肩を揉んだりしながら、曲を作ってもらえるよう願い続けました。

 江口に「低音が出ないし、声が細い」と指摘されると、河原に出て土砂降りの中で発声練習をしたりと必死の努力が実り、ようやく新曲『赤いランプの終列車』を作曲してもらうことになったのです。

 『赤いランプの終列車』を吹き込んだ春日でしたが当時無名の自分が売れるわけは無いと、ヒットしなかった場合を想定して新聞社に入ろうと、履歴書まで書いていたといいます。

作られてから1年後の1952年に、『赤いランプの終列車』は発売され、50万枚の大ヒットとなります。

※ 本楽譜ファイルの最下部に、コピーライトが表記されます

Only available in Japan