楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
K376

PARRY:JERUSALEM for STRING ENSEMBLE パリー:エルサレム 弦楽アンサンブル版

楽譜ID : 122964
18
中〜上級
全16ページ
K376 1
K376 2
K376 3
K376 4
K376 5

英国の作曲家 サー・チャールズ・ヒューバート・パリーが1916年に作曲した合唱曲です。
後年、エドワード・エルガーが管弦楽版に編曲し、毎年、夏に開催される「プロムス」の最終夜において国歌『女王陛下万歳』、エルガーの『希望と栄光の国』と共に必ず演奏されています。
弦楽アンサンブル版に編成してみました。
小編成の楽団でも楽しめるかと思います。
A chorus composed in 1916 by British composer Sir Charles Hubert Parry.
Later, Edward Elgar arranged it into an orchestra version, and it is always performed with the national anthem "God Save the Queen" and Elgar's "Land of Hope and Glory" on the final night of "The Proms" held every summer.
I tried to organize it into a string ensemble version.
I think you can enjoy it even in a small orchestra.

[詩]
And did those feet in ancient time,
Walk upon England's mountains green:
And was the holy Lamb of God,
On England's pleasant pastures seen!
古代 あの足が
イングランドの山の草地を歩いたというのか
神の聖なる子羊が
イングランドの心地よい牧草地にいたなどと

And did the Countenance Divine,
Shine forth upon our clouded hills?
And was Jerusalem builded here,
Among these dark Satanic Mills?
神々しい顔が
雲に覆われた丘の上で輝き
ここに エルサレムが 建っていたというのか
こんな闇のサタンの工場のあいだに

Bring me my Bow of burning gold:
Bring me my Arrows of desire:
Bring me my Spear O clouds unfold:
Bring me my Chariot of fire!
我が燃える黄金の弓を
渇望の矢を
群雲の槍を
炎の戦車を 与えよ!

I will not cease from Mental Fight,
Nor shall my Sword sleep in my hand,
精神の闘いから ぼくは一歩も引く気はない
この剣をぼくの手のなかで眠らせてもおかない

Till we have built Jerusalem,
In England's green and pleasant Land.
ぼくらがエルサレムを打ち建てるまで
イングランドの心地よいみどりの大地に


購入はこちら
¥1,400(税込)
2回までダウンロードできます
Credit cards
ー または ー
Webstore logoアプリで見る