楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Rm1712209014

山の魔王の宮殿にて『ペール・ギュント』第1組曲より/PIANO STYLEプレミアム・セレクションVol.6 (初級〜中級編) (エドヴァルド・ハーゲルップ・グリーグ) / ピアノソロ 初〜中級

楽譜ID : 167087
19
初〜中級
全4ページ
Rm1712209014 1
Rm1712209014 2
Rm1712209014 3
Rm1712209014 4

1876年にヘンリック・イプセンの詩劇『ペール・ギュント』が初めて舞台化されたとき、イプセン本人が付属音楽の作曲をグリーグに依頼。これが大変好評だったため、後にグリーグ自身が劇音楽の中から4曲を選んで演奏会用の組曲を2作発表しました。この「山の魔王の宮殿にて」は、第1組曲の第4曲で、主人公のペールが魔王の娘と結婚させられそうになったり、子分たちに脅かされ命からがら逃げる場面の音楽です。グリーグ自身のピアノ編曲版を土台にしながらも、巨人トロルや山の魔物たちに追い詰められて悲鳴をあげるペールの様子や、危機と興奮が最高潮に達したときに聴こえる教会の鐘、崩れ落ちる宮殿など、情景を生々しく感じられるような、音のぶつけ合いなども織り込んだアレンジです。音の数を抑えた分、アクセントも含む強弱の付け方は、大袈裟なくらいにした方が、より色彩感のある表現ができると思います。テンポ表示は、あくまで目安なので、段階的に速くなっていくのではなく、情景や感情の高まりに沿って徐々に熱くなっていく感じで演奏しましょう。[G]は、この恐怖の場面から早く脱出したいペールの気持ちを想像して、原曲よりも少しだけ短かめになっています。


購入はこちら
¥330(税込)
2回までダウンロードできます
ご購入前にご確認ください
Credit cards
ー または ー
Webstore logoアプリで見る