楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
018 ashiato vnpf

足跡 (高松 亜衣) / ヴァイオリン 中〜上級

楽譜ID : 176541
176
中〜上級
全14ページ
018 ashiato vnpf 1
018 ashiato vnpf 2
018 ashiato vnpf 3
018 ashiato vnpf 4
018 ashiato vnpf 5

 「足跡」は、自身が2019年より毎年開催している「半分リサイタル」シリーズの、第3回にて初演されました。
 ゲストとして高松亜衣さんにもご出演いただき、亜衣さんのために書き下ろした楽曲です。

 ヴァイオリンとピアノのための作品は世の中にすでに溢れている中、なぜあえて新しい作品を書いたのか。それは、同時代を生きた作曲家として、亜衣さんのここまでの「足跡」を音楽に封じ込めることができるのではないかと考えたからです。

 楽曲の冒頭では、この作品の核となるメロディーが、ヴァイオリンのソロで提示されます。初めは一人で孤独に演奏していたところに、少しずつピアノが彩りを加えます。黙々と楽器に向き合っていた亜衣さんの周りに、様々な仲間が増えていく様子をイメージしました。
 その後、しばらく二人の対話が続きます。支え合ったりぶつかったりを繰り返しながら勢いを増します。緊張の糸が張り詰めたまま盛り上がりはピークを迎え、急にヴァイオリンのソロに戻ります。
 演奏するのは冒頭と同じメロディーですが、あの頃とは見えている景色が違います。再び加わるピアノと響き合い、より一層華やかに盛り上がりを見せた後に、さらなる未来への期待を暗示させながら演奏は幕を閉じます。

 伝統と革新を両立して道なき道を進むヴァイオリニストとして、亜衣さんが今後どのように時代を変えて行くのか、目撃者の一人として私も期待に胸を膨らませています。

編成
Violin
Piano

アーティスト
販売者

購入はこちら
¥4,000(税込)
2回までダウンロードできます
ご購入前にご確認ください
Credit cards
ー または ー
Webstore logoアプリで見る