楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Praiazul005

コルコヴァード (今井 亮太郎) / ピアノソロ 中〜上級

楽譜ID : 228652
65
中〜上級
全6ページ
Praiazul005 1
Praiazul005 2
Praiazul005 3
Praiazul005 4
Praiazul005 5
演奏動画はこちら

コルコヴァードの丘にキリスト像が建設されたのは1931年。ジョビンが4歳の時ということになる。おそらく、ずっとその丘を眺めて過ごして来た人生の、特別な想いを込めたそのメロディは、あまりにも美しく、儚く、そして切ない。冒頭のメロディの美しさだけでも、他に類を見ないほどの傑作ナンバーだ。この最初のフレーズを奏でるだけでも価値が有る…と言っても良いはずで、ジョビンのメロディをとことんまで吸収し尽くした、今井亮太郎のピアノアレンジを信じて、ぜひ、冒頭から心穏やかに奏でてみて欲しい。(T-Kawa)

ブラジルのリオデジャネイロ市街を見下ろす丘、「コルコヴァード」のタイトルをもつこの曲は1963年、アメリカで制作されたアルバ「Getz/Gilberto」によって発表された。
アントニオ・カルロス・ジョビン 自ら作詞も手掛けた 数少ない作品の一つでもある。シンプルな楽曲に納められた、その完璧ともいえる旋律は多くの音楽ファン、演奏家から広く愛され、今日に至るまで世界各国で歌い継がれている。決して忘れ去られる事のないジョビン名曲、「コルコヴァード」を、今井亮太郎アレンジのピアノソロでお届けします。

「窓の外からはコルコヴァードの丘のキリスト像が私たちを見守っている。あなたに会って幸せの意味を知った」
と歌う楽曲。音量の抑揚をつけすぎずに、一音一音に刹那な愛の時間を込めるように、大切に奏でてみましょう。


Only available in Japan