楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Dlm14736 335535

トランペットで昭和歌謡シリーズ 『雪の降るまちを 』

楽譜ID : 26570
46
初〜中級
全1ページ
Dlm14736 335535 1

 雪の降るまちを(ゆきのふるまちを)は、1952年にヒットした内村直也作詞、中田喜直作曲の歌です。

 この曲の初出は1951年にNHKラジオで放送された連続放送劇「えり子とともに」の挿入歌としてでした。

 ある回の放送前日におけるリハーサルで時間が余ることが分かり、その時間を埋めるべく急拵えで制作されましたが人気が出たため二番以降が制作され、高英男の歌唱によりレコードも制作されヒットしました。後に、作曲者自らの手で女声合唱、混声合唱に編曲されています。

 作曲者の中田がこの曲を作るに際しては、知人である菅原喜兵衛宅のある山形県鶴岡市で見かけた降雪風景がこのメロディを紡いだと伝えられ、現在も毎年2月に行われる「鶴岡音樂祭」ではフィナーレにこの曲が歌われています(作曲者存命中は、本人が鶴岡に出向き自ら指揮していた。没後は夫人がその任を果たしている)。


Only available in Japan