楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l

トランペットで昭和歌謡シリーズ 北島三郎『北の漁場 』

21
その他
全1ページ
Sample image?page id=1

「北の漁場」(きたのりょうば)は、北島三郎の歌。1986年6月5日にシングルが発売されました。昭和で言うと61年です。

『爆走デコトラ伝説 男人生夢一路』の挿入歌でした。
第28回日本レコード大賞最優秀歌唱賞受賞曲。
1987年(昭和62年)度の日本音楽著作権協会(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額(国内作品)では、「命くれない」「雪國」「男と女のラブゲーム」「時の流れに身をまかせ」に続いて年間5位にランクインされています。どうりで、何度も聞かされた曲との認識は当たっていたようです。

 本楽曲が流行った1986年、フジテレビ系『オレたちひょうきん族』のタケちゃんマンのコーナーにおいて、明石家さんま、ラサール石井らがフライデー襲撃事件を起こし謹慎中の本来の主役、ビートたけし(北野武)を冷やかすギャグとして、森進一の『襟裳岬』や細川たかしの『北酒場』と合わせ、曲中の「北の~♪」という歌詞とたけしの姓を掛けた本楽曲の替え歌が用いられたことがあるそうです。

 しかし、本楽曲で同年大晦日の『第37回NHK紅白歌合戦』に出場が決まっていた当の北島も、暴力団稲川会の新年会に招待されていたことが発覚、放送2日前の12月29日に出場辞退を余儀なくされ、同年度の年末年始は「たけし、北島のいない年末年始」となってしまいました。以来北島は紅白歌合戦において本楽曲を歌唱する事はありませんでしたが、それから22年後の2008年の『第59回NHK紅白歌合戦』において初めて披露される事となりました。

『北島三郎特別公演』などでは動く漁船のセットの上でこの曲を歌う演出が定番となっています。


Only available in Japan