楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Dlm14736 322677

トランペットで昭和歌謡シリーズ  橋幸夫『潮来笠』

34
その他
全1ページ
Dlm14736 322677 1

「潮来笠」(いたこがさ)は、1960年7月5日にビクターより発売された橋幸夫のシングル。

 橋幸夫のデビュー曲であり、股旅曲の代表的な作品です。累計で約120万枚を売り上げました。作詞、作曲は橋の恩師にあたる佐伯孝夫と吉田正。

 恩師の吉田によれば、『潮来笠』は、ビクターを代表する作詞家佐伯孝夫が、「ふさわしい歌い手がでてくるまでと、永年、あたためられていたテーマ」としています。

 もともと、佐伯が、茨城の水郷に遊んだ時に、その情景にひかれて作りあげた作品でしたが、「この作品を歌うぴったりの歌手が見当たらない」まま「3年もの間あたためていた」時に、橋がビクターのオーディションに受かり、入社してきました。

 橋のレッスンを見た佐伯が、「いかにも高校生らしく、....健康な素直さにあふれている」橋に、提供することを決めたとされています。

 一時は、ビクターのベテラン歌手小畑実に提供する案もあったとされていました。

 楽譜を手渡された橋は、「潮来笠」を「シオクルカサ」と読んで、吉田に「これは地名で『いたこがさ』だよ」と教えられたエピソードを明かしています。また「こんな歌売れるのかな....と思った」ことも記しています。

 デビュー前の6月に、TV(ロッテ歌のアルバム)の新人紹介に出演し「潮来笠」を唄ったが、その直後から、橋家(富士越呉服店)やビクターに問合せの電話殺到し、このため予定より1か月早めて7月5日にレコード発売となりました。

 初回のプレスは発売当日に売り切れとなり、大騒ぎとなり、秋にはビクターは「他の音盤のプレスを止めて、『潮来笠』オンリーで取りかからねば追いつかない」状況となりました。


Only available in Japan