楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l

トランペットで昭和歌謡シリーズ いしだあゆみ『ブルーライト・ヨコハマ』

19
その他
全1ページ
Sample image?page id=1

「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、1968年12月25日にリリースされたいしだあゆみの26作目のシングル。

 横浜のご当地ソングの代表的な楽曲であり、横浜市が、2009年の開港150周年を記念して「ご当地ソング」のアンケートを取ったところ、2位の童謡「赤い靴」を大きく引き離し、「ブルー・ライト・ヨコハマ」が1位となっています。

 いしだあゆみの代表曲の一つであり、累計売上は150万枚を超える売り上げを記録するミリオンセラーとなりました。いしだにとって自身初のオリコン週間1位を獲得し、1969年の年間チャートにも第3位にランクインし、「“歌手”いしだあゆみ」のイメージを確立した曲です。

 また、いしだあゆみは本楽曲で1969年の『第20回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たしました。紅白では、他にも1973年の第24回、1993年の第44回で歌われています。
本楽曲の作曲を手がけた筒美京平にとっても、自身が手掛けた楽曲で初のオリコン週間1位を獲得する出世曲となりました。また、筒美は本楽曲で第11回日本レコード大賞・作曲賞を受賞しています。

 作詞者の橋本淳によると本楽曲のイメージは港の見える丘公園(横浜市中区山手)から見える横浜と川崎の工業地帯の夜景と、自身がかつてブルー・コメッツと共に降り立ったフランス・カンヌの夜景の美しさを重ね合わせたものだそうです。

 1969年4月5日放送の『ゴールデンナイトショー』(NET)では、いしだが司会の田宮二郎と本楽曲をデュエットしています。

 当時『朝日新聞』に連載されていた4コマ漫画『サザエさん』(1969年5月14日分)の中でも、サザエが駅の窓口で横浜行きの切符を買う時つい「ブルーライトよこはま 1枚」と言ってしまい、赤面するマンガが当時の流行を物語っています。

 1970年代末まで日本の音楽が禁止されていた軍事政権下のソウル、釜山および韓国内で知られたほぼ唯一の歌謡曲であり、「韓国人が最もよく知る日本の歌」とも紹介されています。

 カラオケが輸入されてからもクラブなどでは、この歌ばかりが歌われていたといいます。また、朴正煕大統領も日本から本楽曲のカセットテープを持ち帰って、宴会で歌ったというエピソードがあります。韓国の音楽グループ、BIGBANGなどのK-POPアーティストやキム・ヒョンソクは表題曲がK-POP音楽に影響を与えたことを証言しています]。

アーティスト
販売者

Only available in Japan