楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l
トランペットで昭和歌謡シリーズ 上田正樹の「悲しい色やね」
全1ページ
Sample image?page id=1

「悲しい色やね」(かなしいいろやね)は、1982年にリリースされた上田正樹のシングルである。作詞は康珍化、作曲は林哲司が担当した。

 上田正樹は、1977年の上田正樹とサウス・トゥ・サウス解散後からソロ活動をしており、1981年にはCBSソニーに移籍しましたが、ヒット曲に恵まれずにいました 。

彼の楽曲のディレクターを務めていた関屋薫は、複数の作曲家に作曲を依頼しました。その中の一人である林哲司は、英語詞向けに作ったメロディを作成し、関屋に提出したのでした。

 メロディを受け取った関屋は、林とのタッグで知られる作詞家の康珍化に作詞を依頼します。その夜、康は「あの曲を関西弁の女性の視点からで書いてもよいか」と関屋に尋ねて驚かせたということです。さらに数日後、康が提出した歌詞を読んだ林は「演歌みたいな曲が売れるわけがない」と感じたといいます。

 その一方、関屋は洒落たメロディと関西弁の歌詞、そして上田のハスキーな歌声が合うと感じていました。

 最終的に、本楽曲は曲名を『大阪ベイブルース』から『悲しい色やね』に変更して売り出されました。


Only available in Japan