楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Dlm14736 325289

トランペットで昭和歌謡シリーズ 橋幸夫・吉永小百合「いつでも夢を」

48
その他
全1ページ
Dlm14736 325289 1

「いつでも夢を」(いつでもゆめを)とは、1962年9月20日に 日本ビクター(音楽事業部。後のJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)から発売された橋幸夫と吉永小百合のデュエットによって発売された楽曲(VS-807モノラル)で、橋の27枚目、吉永の3枚目のシングル。

 橋のデビューに関わり、吉永の担当であった武田京子ビクターディレクターの企画で、両者の師であった佐伯孝夫(作詞)、吉田正(作曲)に提案し実現しました。武田は「これは、考えに考え抜いた企画というではなく、ごく自然に私の頭の中に浮かんできたこと」と述懐しています。

 佐伯の詩ができると吉田の手により作曲されましたが、作曲にあたって吉田は、吉永が歌いやすいよう吉永に「少し比重」を置きました。当時は両者とも多忙な日々を送っていたためスケジュールが合わず、別々にレコーディングした音源を一つにミキシングして発売したといいます。

 なお吉永の歌がオーケストラと合わず、やむなくピッチを上げて、オーケストラと合わせたとういことです。

 その特徴的な歌詞と、まだ舟木一夫や西郷輝彦などもデビューしておらず、橋が若き王者とし人気を極め、吉永も若手女優として高い人気を誇っており、その二人の初デュエット曲として発売当初より話題となり、発売から「1ヶ月で30万枚という驚異的な記録をたて...半年すぎた翌年5月には100万枚を突破しました。累計売上は260万枚を記録。

この楽曲は第4回日本レコード大賞の大賞を受賞し、1962年、とりわけ高度成長期を象徴する楽曲となったほか、長い期間、日本国民に愛された楽曲として、人気を保っています。また、長年に渡り各番組で流され、この楽曲へのリクエストも多い。そのため、発売当時まだ出生していなかった年齢層でも「いつでも夢を」はよく知られている状況を生んでいます。

なお、1992年にはサントリー烏龍茶のCM内で中国語で歌唱されていた本曲も存在していた(ただし本人歌唱ではない)。他に中日ドラゴンズ監督時代の星野仙一が出演した第一製薬の胃腸薬「センロック」のCM(替え歌、こちらも本人歌唱ではない)や吉永出演のシャープ液晶テレビ「AQUOS」CM(こちらはサザンオールスターズのメンバー同士でもある桑田佳祐・原由子夫妻のデュエット)使用された事があります。

最近では、2017年、吉永小百合が出演しているソフトバンクモバイルのTVCMに起用されました。

 『NHK紅白歌合戦』では、1962年の『第13回NHK紅白歌合戦』、1970年の『第21回NHK紅白歌合戦、1990年の『第41回NHK紅白歌合戦』、1998年の『第49回NHK紅白歌合戦』と合計4回歌唱されていますが、いずれも橋のソロでの歌唱でした。

 また、橋と吉永が音楽番組で一緒に歌唱している映像は1968年12月27日にTBS系列で放送された『日本レコード大賞10周年特番』(カラーのビデオ映像)のものが現存しています。

 発表翌年の1963年には同名の映画(日活作品、監督:野村孝)が封切られ、同作品についても橋と吉永が揃って出演しました(浜田光夫、松原智恵子、野呂圭介、信欣三、内藤武敏らが共演)。

 同映画内でもこの曲が吉永の「寒い朝」、橋の「潮来笠」などとともに歌唱されています。他に橋が美空ひばりと共演した映画「ひばり・橋の花と喧嘩」(1970年松竹作品、監督:野村芳太郎)では、橋とひばりのデュエットによるヴァージョンが使われています(こちらはCD化されていない模様)。

また1963年3・4月開催の第35回選抜高校野球大会では、入場行進曲に採用されました。


Only available in Japan