楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l

トランペットで昭和歌謡シリーズ 小柳ルミ子『わたしの城下町 』

6
その他
全1ページ
Sample image?page id=1

 「わたしの城下町」(わたしのじょうかまち)は、1971年4月25日にワーナー・ブラザース・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)から発売された小柳ルミ子のデビュー・シングルです。

 「みんなの恋人」というキャッチフレーズを持ってデビューした小柳ルミ子のファースト・シングル。国鉄キャンペーン「ディスカバー・ジャパン」の流行も手伝い、デビュー・シングルながらオリコンチャートでは、その後通算12週にわたって週間1位を独走しました。なおこの記録は2016年現在、ソロの女性歌手では歴代1位の記録となっています。

 順調にセールスを重ねた結果、1971年の年間シングルチャートの第1位となっています。また翌1972年の年間シングルチャートに至っても第45位にランクされていました。

 1971年暮れの音楽賞レースでは6月に「17才」でデビューの南沙織とともに『第2回日本歌謡大賞』の放送音楽新人賞や『第13回日本レコード大賞』の最優秀新人賞など数々の新人賞を受賞しています。

 大晦日には『第22回NHK紅白歌合戦』に初出場。同じく初出場の南沙織と11月デビューの天地真理とともに、翌1972年ごろからは1970年代の "三人娘" と称されるに至りました。

 次作「お祭りの夜」とは7週間同時にベストテンにランクされ、その後「わたしの城下町」「お祭りの夜」「雪あかりの町」の3作で、連続40週間のベストテン入りを記録しています。

 女優の加賀まりこが安井かずみの作詞制作場面に立ち会っていた、というエピソードがNHKの音楽番組内で紹介されたことがあります。その番組によると、歌詞は20分程度で完成したといいます。また、加賀が本楽曲の歌いだし部分についてその場である指摘をしたが却下された、とも紹介されていました。


Only available in Japan