楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l
トランペットで昭和歌謡シリーズ  『丘を越えて』藤山一郎
全1ページ
Sample image?page id=1

最近では車のCMなどにつかわれていました。

「丘を越えて」(おかをこえて)は、1931年(昭和6年)12月に日本コロムビアから藤山一郎の歌唱によって発売された昭和歌謡です。1931年(昭和6年)に発表された新興映画『姉』の主題歌でした。

「丘を越えて」は古賀政男の青春そのものであり、歌手藤山一郎の人気を決定付けた曲でもあります。

 もとは、「ピクニック」という明治大学マンドリン倶楽部のマンドリン合奏曲として作曲されたました。

 古賀政男が明治大学マンドリン倶楽部の後輩と稲田堤(現川崎市多摩区)にハイキングに行った際、満開に咲き誇る桜を背に酒を酌み交わし、下宿に戻り、ふと学帽についた一枚の桜の花びらに気がついた。これを見て二度と帰らぬ若さと青春がいとおしくなったといいます。そのとき浮かんだメロディーを愛用のマンドリンを取り弾いてみたところ、おもしろいようにメロディーがつぎからつぎへと浮かんだそうです。


Only available in Japan