楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l
トランペットで昭和歌謡シリーズ  『チャコの海岸物語 』桑田佳祐
全1ページ
Sample image?page id=1

「チャコの海岸物語」(チャコのかいがんものがたり)は、サザンオールスターズの14枚目のシングル。1982年1月21日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント) / Invitation。
1988年6月25日にCD化、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発され、計3回再発売されています。

 同年の年末にはアーティストとして全日本有線放送大賞最多リクエスト歌手賞を受賞、この曲で同賞の最多リクエスト曲賞も受賞し、大晦日には1979年以来3年ぶりに『NHK紅白歌合戦』にも出場しました。

 同曲で1979年に「いとしのエリー」で出場して以来、2度目の紅白出場となったサザンでしたが、演奏が始まるや、ボーカルの桑田が国民的歌手とまで言われた三波春夫(サザンの1つ前の位置で歌唱)を真似ながら登場します。三波は同番組の常連であり、この時も同じ会場に居合わせていました。派手な着物と顔は白塗りといった格好で、演歌調で歌い、曲の間奏中に「神様です」「受信料は払いましょう!」「裏番組はビデオで見ましょう!」などの発言をし、後半部は松田以外の男性メンバーがひしめき合って歌うなどのパフォーマンスを行いました。

 当時は現在と違い非常に厳粛な雰囲気であった紅白の中で、桑田のパフォーマンスは視聴者から大バッシングを受け、NHKに詫び状を書かされる事態となりました。桑田は「詫び状なんか書くくらいなら二度と出ない!」という趣旨の発言もしていますが、翌1983年にも「東京シャッフル」で3度目の出場をしています。

Only available in Japan