楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l
世界の名曲シリーズ Bbトランペット用楽譜 カッチーニのアヴェ・マリア
全2ページ
Sample image?page id=1
Sample image?page id=2

 カッチーニ(1545年頃 - 1618年)の前半生についてはほとんど知られていません。ローマかティヴォリのどちらかで生まれ、フィレンツェの彫刻家ジョヴァンニ・カッチーニ(Giovanni Caccini)と関連があるかもしれないとされています。ローマで彼はリュート、ヴィオール、ハープを習い、歌手としての名声を博しはじめました。1560年代、コジモ・デ・メディチが彼の才能に感銘を受けたことから、若きカッチーニに更なる勉学をさせようとにフィレンツェへ招いたのでした。

 そんなことで、1579年には、カッチーニはメディチ家の宮廷で歌手をしていました。彼の声域はテノールであり、また自分自身でヴィオールの伴奏を付けることもできました。

 彼は婚礼や国事など様々な宴会で歌い、当時の壮麗なインテルメディオ(オペラの先駆の一つとされる、精密な音楽・劇・映像的見せ物)で役目を果たします。

 またこの時期に、彼は人文学者、作家、音楽家、考古学者達の活動に加わっっています。彼らはジョヴァンニ・デ・バルディ(Giovanni de' Bardi)伯爵の邸宅に集まり、失われたと思われている古代ギリシャの劇音楽の栄光を復活させようとする団体、「カメラータ」を結成しています。この辺は、昔、世界史で習った内容で、リアルなルネサンス活動の一つなのでしょう。

 カッチーニの歌手、楽器奏者、作曲家としての才能によって、カメラータはモノディ様式を確立し、それはルネッサンス末期のポリフォニー音楽の慣習からの革命的な新発展となりました。(モノディ様式については、フルートのところで触れています。)

 16世紀末の20年間、カッチーニは歌手、教師、作曲家としての仕事を続けます。中でも、彼の教師としての影響力は大きく、何十人もの歌手に新たなスタイルで歌うことを教えています。その教え子の中には、クラウディオ・モンテヴェルディの最初のオペラ「オルフェーオ」の主役として歌ったカストラートのジョヴァンニ・グアルベルト・マリ(Giovanni Gualberto Magli)もいました。

販売者
購入はこちら
¥330(税込)
2回までダウンロードできます
Credit cards
ー または ー
Webstore logoアプリで見る