楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l
カルカッシ25のエチュード Op.60-1 ギターソロ タブ譜と楽譜
全5ページ
Sample image?page id=1
Sample image?page id=2
Sample image?page id=3
Sample image?page id=4
Sample image?page id=5

PDFファイル A4:5ページ
 タブ譜付き楽譜:3ページ
 タブ譜なし楽譜:2ページ

 参考演奏動画:1:20

クラシックギターを学ぶステップとして、カルカッシの作品60、「25のエチュード集」より第1番

 前半は、音階練習、後半はハイポジションを使ってのアルペジオ。
 単純な作りの練習曲のようですが、「フレージング」と「アーティキュレーション」の練習をしてみましょう。

「フレージング」は音符のまとまり、文章や歌、セリフで言えば、単語、文節、読点「、」、句点「。」のこと、どこで区切るか、息を吸うか?
「アーティキュレーション」は、音に、どのような表情、テヌート、アクセント、スタッカート、強弱、ビブラート、をつけるか?

 楽譜にも、フレーズ記号、表情記号をつけてあります。
 指示はされていなけど、呼吸の間やテヌート、見本演奏も参考に練習してみてください。
 クレッシェンド、デ・クレッシェンドは、音量の増減、強弱というよりは、フレーズの「始まり→膨らませて→終わりにする」というような意識で演奏してみてください。
 
 ご注意:結構、大げさに表情をつけてあります。あくまでも一つの練習としての演奏です。これが絶対に正しいというものではありません!


購入はこちら
¥220(税込)
2回までダウンロードできます
Credit cards
ー または ー
Webstore logoアプリで見る