楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l
始まりの日
全2ページ
Sample image?page id=1
Sample image?page id=2

NHK大河ドラマ『利家とまつ』『毛利元就』、NHKドラマ『大地の子』『どんと晴れ』、フジテレビ系ドラマ『優しい時間』、東宝映画『モスラ』『サトラレ』『解夏』『UDON』、さらには『リング~最終章~』……etc. 綺羅星のごとく有名な作品を次から次へと手がけられている作曲家、渡辺俊幸氏に、今回、氏にとっては初の試みとなるギター独奏作品を2曲書き下ろしていただいた。<br> 〈始まりの日〉は、いったい何が始まるのか、聴く人によって、さまざまな異なるイマジネーションを抱かれるに違いない。明るく楽しいことばかりではなく、人によっては、悲しみの始まる日、と思われるかもしれない。私はこの曲を弾きながら、じっと自分を見つめ、不安な気持ちを抱えながらも、夢をあきらめずに決然と前に進んでいく青年の姿が心に浮かんだ。何かの「始まり」に対する静かな決意を、タイトルに篭めてみた。<br> 〈つづれ織りの記憶〉は、過去の思い出が色鮮やかなつづれ織りのように眼前に広がっていくような、ドラマチックでヴィヴィッドな作品。スペイン語のタイトルを“Tejiendo Memorias”(記憶を織って)としたが、6本の横糸が張られたギターという織り機で、記憶という縦糸を織り込んでいくと、美しいつづれ織りのようなこの楽曲が織り上がっていく、というイメージはいかがだろうか。<br> どちらの作品も、聴きやすいメロディーと美しいハーモニー、さらには心地良いリズムを持ち、クラシックギターの世界に新たな風を吹き込んでくれている。<br> 10周年という節目を飾るにふさわしい2曲となった。<br> これらのタイトルとそれに纏わるイメージのヒントを与えてくれた4人の友人たちに感謝する。(大萩康司)<br><br> 〔※CD『フェリシタシオン!』ライナーノーツ「大萩康司自身による曲目解説」より転載〕<br>


Only available in Japan