楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l
亡き王女の為のパヴァーヌ ラヴェル ギターソロ タブ譜と楽譜
全3ページ
Sample image?page id=1
Sample image?page id=2
Sample image?page id=3

 フランスの作曲家モーリス・ラヴェルが1899年に作曲したピアノ曲、1910年にはラヴェル自身がオーケルトラに移し、管弦楽曲としても発表されています。
 ラヴェルがルーヴル美術館を訪れ、17世紀スペインの宮廷画家ディエゴ・ベラスケスが描いたマルガリータ王女の肖像画のイマジネーションで作曲されたという説があります。
 題名の意味は「葬送の哀歌」ではなく、スペインの風習や情緒を懐かしむ意味で「いにしえに、スペインの宮廷で小さな王女が踊ったようなパヴァーヌ(舞踏)」というところのようです。

--演奏アドバイス--
 ノスタルジー、郷愁、哀愁ですから、急がずにゆったりと歌ってください。哀しく切ない雰囲気でもよいと思います。
 曲の入り口のベース(低音)の動きをしっかりと鳴らして、メロディーも飛び込まずにゆったりと入ってください。後半のハイポジションや和音の移動も、しっかりと音を伸ばしてから、次のポジションへ。試聴mp3ファイルを参考に練習してください、

pdfファイル、A4サイズ、計3ページ
 タブ譜付き楽譜:2ページ
 タブ譜なし楽譜:1ページ
 参考動画時間:2:48
参考動画は
(タブ譜で弾くギターソロ曲集「リラクシングギターミュージック」付属CD音源とフリー素材写真のスライドショー)
https://guitar-mugen.com/htab_jr.html

ダウンロード曲目一覧もご覧ください
https://guitar-mugen.com/hdlrink.html


購入はこちら
¥330(税込)
2回までダウンロードできます
Credit cards
ー または ー
Webstore logoアプリで見る