楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l
一触即発/ロック・クラシックス・ジャパン(70 年代編)
全26ページ
Sample image?page id=1
Sample image?page id=2
Sample image?page id=3
Sample image?page id=4
Sample image?page id=5

のちに名プロデューサーとなる佐久間正英が在籍していたバンド、四人囃子。セカンド・アルバム発売後に脱退する森園勝敏がいるときの四人囃子が好きというファンは多く、それほどデビュー・アルバム「一触即発」が日本のプログレッシブ・ロック界に与えた功績が大きいということだろう。森園は脱退後プリズムを経てソロへ転向、ジャズ、ブルースといった方に傾倒していくが、このアルバム・タイトル曲の構成力は群を抜いている。他にも、「おまつり」「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」「カーニバルがやってくるぞ」「なすのちゃわんやき」、またその後のリリース作品からも「ハレソラ」「眠たそうな朝には」などが挑戦したい曲だろう。(日本のロック黎明期の名曲を多数収録したバンド・スコア集『ロック・クラシックス・ジャパン(70 年代編)』より)


Only available in Japan