楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l
レスリー・ハワード:「トゥーランドット」の回想(プッチーニ) 作品39
全12ページ
Sample image?page id=1
Sample image?page id=2
Sample image?page id=3
Sample image?page id=4
Sample image?page id=5

フランツ・リストがあと40年ほど生き続けていたなら、彼が既に注目していた50以上のオペラに基づいてピアニスティックな編曲を私たちに残してくれたかもしれません。 また、リストが最も注目するであろう作曲家はプッチーニに違いなかったでしょう。プッチーニ自身はピアノのため或いはピアノを含む作品を僅かにしか作曲していませんが、歌劇「つばめ」の独奏パートは楽器に対する作曲書法において革新的でありました。そして私にとって、歌劇「トゥーランドット」でカラフによって歌われる「誰も寝てはならぬ(Nessun dorma)」はフランツ・リストの『「ランメルモールのルチア」の回想』(六重唱の見事な労作)と似たものを感じます。このプッチーニの旋律は、オペラを聞いたことがある全ての人にとって馴染み深く、FIFA賛歌としても広く知られることとなり、曲の最後に3回繰り返される言葉「Vincero!(私は勝つ!)」はスポーツマンにとって魅力的であります。そういうことで、フランツ・リストの様式をこの曲に持ち込み、彼が得意とした豊かなピアノ書法で歌唱的でオーケストラ的な音響効果を狙うことが良いアイデアに思えたのでした。

この編曲がその結果です。

レスリー・ハワード


購入はこちら
¥1,500(税込)
2回までダウンロードできます
Credit cards
ー または ー
Webstore logoアプリで見る