楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l
J.S. バッハ/ミロシュ・ボク:幻想曲 ト長調 BWV 572(ピアノ独奏版)
全16ページ
Sample image?page id=1
Sample image?page id=2
Sample image?page id=3
Sample image?page id=4
Sample image?page id=5

ミロシュ・ボクによる序文
私は生涯、バッハに深い敬意を表してきました。そしてその気持ちは年齢を重ねるに連れてより深まっていきます。 彼は紛れもなく芸術家の理想的の究極的な模範となる作品を生み出した天才です。

著名な作曲家としてバッハは言うまでもなく様々な大作、小品を残しています。その中には伝統的なスタイル、珍しいスタイル、形式や和音の面で実験的なものなど様々ありますが、同時に崇高な音楽表現を慎ましやかに体現しているものがあります。幻想曲ト短調はそうした作品の1つです。この曲がいかに例外的であるかを考慮すると、一部の人にはあまり馴染みがないかもしれません。それも私がこの曲をピアノ用にアレンジする必要性を感じた理由である気がしています。実際、ピアノ用に書き下ろす際の技巧表現に加えて、エンディング部分の和音進行、バッハが意図した曲の展開に従いながら自身の和声感を構築するなど、バッハへの敬意を失わずに自分自身を投影することは非常に大きな挑戦でした。これはある意味、私が過去数世紀の深みに対して送った感謝の意でもあります。”あなたは一人ではありません。あなたはこのような判然としない作品を書き上げた時、一人であるように感じたかもしれません。けれども私たちは遠い未来であなたと一緒にいます。そしてあなたは現代の暗闇の中、神聖な希望の光で私たちの道を照らしています…”(翻訳:国田健)


購入はこちら
¥2,000(税込)
2回までダウンロードできます
Credit cards
ー または ー
Webstore logoアプリで見る