楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l

トランペットで昭和歌謡シリーズ 『国境の町』 東海林太郎

6
初〜中級
全1ページ
Sample image?page id=1

"「赤城の子守唄」「国境の町」が大ヒット(1934)
 東海林太郎の代表的な2曲はポリドール契約直後の1934年に生まれています。まず1月8日にレコーディングし、2月に発売した「赤城の子守唄」。作詞は佐藤惣之助、作曲は竹岡信幸です。国定忠治を題材にした松竹映画の主題歌で、映画よりもこの歌が大ヒットしました。作曲家の竹岡信幸(1907-85)は古賀政男の3歳下で、明治大学マンドリン倶楽部の出身。

 もう一つの大ヒット曲は、同じ年の12月に発売された「国境の町」。作詞は大木 惇夫、作曲は阿部武雄。ニ短調(Dm)「ソリの鈴さえ……」とはじまるので、北方である。満州(中国東北部)のことだろうと思われています。柳条湖事件(1931)で関東軍(日本陸軍)が軍事占領し、翌32年3月には日本の傀儡国家である満州国が建国されました。日本から企業や市民が次々に満州へ渡ったという背景があります。

 この2曲の印象は非常に強く、1970年前後のテレビ番組でかなり聴いた記憶がある。

アーティスト
販売者

Only available in Japan