楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l

オペラ「はだしのゲン」第1幕第3場(ピアノスコア)

10
上級
全39ページ
Sample image?page id=1
Sample image?page id=2
Sample image?page id=3
Sample image?page id=4
Sample image?page id=5

オペラ「はだしのゲン」は中沢啓治氏による漫画「はだしのゲン」をもとにした、上演時間約2時間の二幕六場の創作オ ペラです。広島国際芸術文化推進委員会より委嘱され、台本は清水高範、作曲は保科洋が担当しました。

主人公の少年ゲンが、広島の原爆で父や姉弟を失い、更に原爆投下当日に産まれた妹も失いながら、亡き父の言葉を胸に 強くたくましく生き抜く姿を描きます。

1981年に演出:粟国安彦氏、ゲン役:紙谷加寿子氏、管弦楽:広島交響楽団、指揮:井上一清氏により初演されました。 その後、1991年に演出に原作者の中沢啓治氏を迎え、初演時とほぼ同じスタッフにより、広島と東京で合計6日間にわた り再演されました。 また、2012年には、紙谷加寿子氏が率いる野薔薇座の公演として、管弦楽部分にシンセサイザーを用いた縮小編成を用い て再演されています。

管弦楽版のフルスコア及びパート譜につきましては、Hoshina Music Officeにお問い合わせください。

また、この他に、オペラの見せ所を22分に濃縮した演奏会用セレクションがございます。


Only available in Japan