楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!
ユーザー登録ログイン
Images?image=site l

La Cumparsita ラ・クンパルシータ / Gerardo Matos Rodriguez

25
初〜中級
全5ページ
Sample image?page id=1
Sample image?page id=2
Sample image?page id=3
Sample image?page id=4
Sample image?page id=5

La Cumparsita ラ・クンパルシータは、南米UruguayのGerardo Matos Rodriguez(1897-1948)が1914年(1917年という説も。)に作曲した、最も有名なタンゴナンバーです。
いくつかの版がありますが、ABACAの形式のAに強烈なタンゴのリズムの旋律を使用した版が最も有名で、普通にインストゥルメンタルとして耳にするのがこの版です。
このAの部分にしっとりとした美しい旋律と歌詞(歌詞はPascual Contursi(1888-1932)よる、旋律も同氏によるもの。)を当て、Si supieras「君知るや」のタイトルでCarlos Gardelが歌い大ヒットとなり、La Cumparsitaが世に広がったそうです。
このボーカル版をギターソロ用にアレンジしたもので、強烈なタンゴ調はありません。7thコードを増やし、テンションも加えてあります。弾き方によりタンゴにもなりますが、美しいバラードをイメージして編曲してあります。
難しくはありません。ギターソロ用の編曲です。テンポ、曲想は自由にお楽しみください。
運指のみ記入した楽譜およびタブ譜付楽譜がセットになっています。


購入はこちら
¥480(税込)
2回までダウンロードできます
Credit cards
ー または ー
Webstore logoアプリで見る